新IK(インバース・キネマティクス)システムの動作テスト動画

ToyStudioの次のバージョンで対応予定の、新IK(インバース・キネマティクス)システムの動作テスト動画です。「右もも」→「右かかと」、「左もも」→「左かかと」のIKハンドルを作成し、「右かかと」→「右つま先」、「左かかと」→「左つま先」のIKハンドルを作成してそれぞれの子とすることで、両足の接地ができます。IKハンドルの作成前に両膝を曲げているのは、IKの回転面と関節の曲がり方向を指定するためです。
現在、アプリケーション全体での調整を行っていますので、もうしばらくお待ちください。
Get the Flash Player to see this player.

新IK(インバース・キネマティクス)システムの動作テスト動画” へのコメントが 2 点あります

  1. お初です!
    はちゅねさん関係から飛んできました

    最初、「全部手曲げかぁ」と思ってたのに
    この動き、ロボにむちゃくちゃ応用できますがな
    いまどきの3D系ツールって、みんなこんな感じなんですかねぇ

    下のほうの動画、歩く時に何気なく体重移動してるし…

  2. amigaさん
    はじめまして。ピエールです。

    この新IK機能はもうじき出来上がる予定です。

    こういった機能は便利ですが制約もあり、動きが画一的に
    なりやすいため、熟練したCGアニメーターは手付け(FK)で全て
    やってしまうようです。

    http://kotona.bona.jp/archives/127/
    の姿勢データはモーションキャプチャーのデータ(BVH)
    なのでとてもリアルですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。